読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOS7 + RoboVM + JavaFX のイロイロ

RoboVM JavaFX

この記事は、「JavaFX Advent Calendar 2013 - Adventar」23日目の記事です。

 

昨日は、キクタローさんの「JavaFXのサードパーティ「JFXtras」を触ってみる! #javafx - Challenge Java EE !」でした!

(キクタローさんの堀北真希さん好きはさすがです...)

 

 

今日は、RoboVMとJavaFXを取り巻く環境の変化についてイロイロ書こうと思います。

 

前回のJJUG CCCの発表(RoboVM)から、少し時間が開きましたが

その間にRoboMVとJavaFXを取り巻く環境が一段と変化しました。(というか、RoboVMがいろいろ変わり過ぎです)

 

1.公式サイト

まず。RoboVMの公式サイト。見た目が全然変わってるのもそうなのですが

スポンサーがついています。前回の発表でお話した、「Jim Weaver」もちゃっかり(?)シルバースポンサーになってます。

 

で、これが一番のニュースなのですが

RoboVMを利用したiOSアプリが既にリリースされ始めています。

(何気に、Alpha Softwareの文字が消えています...)

 

2.開発環境

今までは、「eclipse」がいいです!見たいな話をしていましたが、ついにNetBeansのプラグインまで追加されてました。(桜庭さん情報ありがとうございます)

 

さっそく、試してみましたが、eclipseと変わらないぐらい快適に開発ができました。

実際に試してみる方は、公式のwikiサイトを参考にしていただければすぐにでも実行可能です。

サンプルコードの「Golden Fish FX for iOS Sample」は、JavaFX + RoboVMサンプルコードとしても非常に有用な情報になっています。

何気に、MediaPlayer、AudioClipの機能とかも実装されてて(デフォルトはコメントアウトされてますが)そういった意味でも非常に良いサンプルになっています。

 

また、このアプリケーションを実機で検証したいという方は、

NetBeansでプロジェクトをビルド後、

 

NetBeansProjects/ios/target/robovm

 

以下にある

 

test.ios.RoboVMJFXLauncher.ipa

 

というファイルをダブルクリックし、実機にインストールすれば

実機検証することも可能です。

(ただし、Apple Developer 登録が必要)

 

 余談ですが、NetBeans + Gradleで開発したいとおい方はこちらのブログなどもあります。

 

 まとめ

RoboVMを取り巻く環境の変化は非常に早く、日々コミュニティーも拡大しています。

(既に結構な数がある。)

今年の、8月19日時点では、まだAlpha版だったのに、4ヶ月程度で実用レベルに達しています。

 

Javaiphoneアプリ開発などしたいという要求は、一定層いると思うので

今後のRoboVMの動向にも期待したいと思います!

Spring Tool Suite をつかってGitと連携したプロジェクトを作成する方法

Spring Advent Calendar 2013 15日目

今日は Spring Framework Advent Calendar 2013 - Adventar 15日目の記事です。

 

昨日は、@doiluxさんの記事でした。

 

本来だったら、自分の作ったブログで記事の紹介をしたかったのですが

時間がなかったという言い訳で今回ははてぶを利用しましたorz

 

現在作成中のブログは、Spring MVCを利用しているのですが

IDEとして「Spring Tool Suite 3.4.0」(以下、STS)を利用しています。

 

もちろん、NetBeansIntelliJ IDEAでもいいのですが、比較的簡単にSpringのプロジェクトが作成できるという点では、STSは優秀なツールだと思います。

 

このSTSを利用して開発を始める際に、Git でプロジェクト管理を行おうとしたのですが

「git spring tool suite」みたいな検索ワードで検索しても、英語の記事は出てくるのですが、日本語のそれっぽいブログなどが見つかりませんでした。

(そもそも、そんなもの必要なほど初歩的な話ではありますがw)

 

 

そこで、今回は、STSでGitプロジェクトを作成するまでの流れを書こうと思います。

 

 

このチュートリアルの前に、STSのダウンロードとインストールを行ってください。

 

この記事の環境は、下記の通りです。

  • Mac OSX 10.9 Mavericks
  • STS 3.4.0 -RELESE

 

1.プロジェクトの作成

まず、STSでプロジェクトを作成します。「Cmd + N」で新規プロジェクト作成Windowを開き、「Spring Project」を作成します。

 

f:id:tikemin:20131215213556p:plain

f:id:tikemin:20131215213559p:plain

f:id:tikemin:20131215213603p:plain

 

こんな感じでプロジェクトが作成されればOKです。

f:id:tikemin:20131215213613p:plain

 

リポジトリ作成

 Gitのリポジトリを作成してください。

今回はgithubではなく、Atlassianの bitbucket というサービスを利用しています。

bitbucketはプライベートリポジトリを自由に作れるので、とりあえずgithubの有料プランを持ってない方にはオススメです。WikiやIssueも整備されているので、個人レベルのリポジトリとしては十分な機能を備えています。

 

(ただし、リポジトリを共有できるユーザが、すべてのリポジトリで5人までなので注意が必要ですが。)

 

今回は、以下のようなリポジトリを作成しました。

https://tikemin@bitbucket.org/tikemin/<リポジトリ名>.git」

 

 

 3パースペクティブの追加

新しく、Gitのリポジトリを追加します。まず、Windowの右上から「Open Perspective」をクリックします。

f:id:tikemin:20131215221356p:plain

 

「Git」を選択します。

  

f:id:tikemin:20131215221401p:plain

 

 

すると、下のような画面が表示されます。真ん中の「Clone a Git repository」を選択します。

 

f:id:tikemin:20131215221404p:plain

 

 

URLにリポジトリのURLを入力します。

今回の場合は、「https://tikemin@bitbucket.org/tikemin/<リポジトリ名>.git」を入力します。

 

f:id:tikemin:20131215221407p:plain

f:id:tikemin:20131215221411p:plain

 

 

URLと、ユーザ名、パスワードが正しく入力されていれば、下のように新しくリモートリポジトリが追加されます。

 

 

 

 

f:id:tikemin:20131215221413p:plain

 

 

4リモートリポジトリにプロジェクトを追加

つぎに、最初に作成したプロジェクトをリモートリポジトリに追加します。

Git のパースペクティブから、Springのパースペクティブへ移動します。

 

作成した「HelloSTSGit」プロジェクトを右クリックし、「Team」>「Share Project」を選択します。

f:id:tikemin:20131215221416p:plain

 

ここは、「Git」を選択します。

 

f:id:tikemin:20131215221419p:plain

 

先ほど追加した、リモートリポジトリを選択します。

 

f:id:tikemin:20131215221422p:plain

 

これで、Gitを利用する準備が整いました。

 

f:id:tikemin:20131215221425p:plain

 

あとは、ローカルリポジトリにCommitをします。

Commitは、「Team」>「Commit...」で行えます。

 

f:id:tikemin:20131215221428p:plain

 

Commitが完了したら、「Team」>「Push to Upstream」でローカルリポジトリのCommitをリモートに反映します。

 

f:id:tikemin:20131215221431p:plain

 

成功すれば、以下のようにローカルのプロジェクトが追加されます。

 

f:id:tikemin:20131215221433p:plain

 

以上で、リモートリポジトリにプロジェクトを追加することができました。

これで「Clone」することで、さまざまな環境で開発が行えるようになります。 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

案外、日本語の記事がなかったため、これからSpringをGitで始める方の参考になればと思います。

 

 

(余談ですが、、、今回初めてはてぶを使ったのですが、思ったよりも使い勝手がいいことを知りました。。。さすが。。。)